« 喘息、発症率は高まるばかり | トップページ | 花粉症にはわさび »

オートファジーによる細胞の自食作用バランスが重要 - がん化防止解明へ前進

オートファジーと呼ばれるたんぱく質の働きの一つが、がん化防止解明へのヒントとなるのか?大阪大学微生物病研究所のグループが新たな発表をした。

Yahoo!ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00000511-san-soci

 細胞内の病原菌などを分解する「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる生命活動に必要なタンパク質の働きの一つを、大阪大学微生物病研究所の吉森保教授らのグループが解明し、8日付の英科学誌ネイチャーセルバイオロジー(電子版)に発表した。

 自食作用を促進する物質とブレーキをかける物質があり、このバランスが崩れるとガンなどの異常が起きる可能性が示された。吉森教授は「細胞のガン化を防ぐ仕組みを知る上で大きな手がかりが得られた」と話している。

 オートファジーには、細胞に感染した病原菌を分解する役割や、心不全や糖尿病を防ぐ役割があるとされる。吉森教授らはオートファジーに必要なタンパク質の一つ「ベクリン」の遺伝子を破壊したマウスで、ガンが多発することに注目。2種類の異なるタンパク質がベクリンと結合すると、オートファジーの働きが抑制されたり、促進されたりすることを発見した。

|

« 喘息、発症率は高まるばかり | トップページ | 花粉症にはわさび »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179444/28539811

この記事へのトラックバック一覧です: オートファジーによる細胞の自食作用バランスが重要 - がん化防止解明へ前進:

« 喘息、発症率は高まるばかり | トップページ | 花粉症にはわさび »