« オートファジーによる細胞の自食作用バランスが重要 - がん化防止解明へ前進 | トップページ | [ADHD児の治療]親と医者で認識に差 »

花粉症にはわさび

名古屋大学やお茶の水女子大学などで、花粉症への『わさび』の効力を突き止めた。

今年より『わさびスプレー』や『わさびリップクリーム』などを商品化しているらしい。

花粉症の方は一度試してみては?

Yahoo!ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00000055-san-bus_all

 花粉症にはわさびが効く-。こう訴えているのが、粉わさびや練りわさびの老舗メーカー金印(名古屋市中川区)だ。

 これまで名古屋大学や静岡大学、お茶の水女子大学など複数の大学との共同研究で、花粉症の症状を和らげる効果があることをつきとめた。

 平成20年1月から本わさびの香り成分を配合した「ワサビチオヘキシル」シリーズとして商品化している。

 部屋用スプレー(1800円)やマスク用スプレー(1200円)、リップクリーム(1200円)、のどあめなど計6種類を販売している。

 最も人気があるのはマスク用スプレーで、症状がひどい時に、マスクにスプレーすると効果があるという。

 同社では売り上げは未公表だが「利用者から花粉症の症状が和らいだとの声や製品化の要望もいただいている」と反響は上々のようだ。

 乳酸菌を花粉症対策に、という商品もお目見えした。乳酸菌を使った健康食品などの製造、販売を手掛けるビーアンドエス・コーポレーション(東京都千代田区)は、乳酸菌と豆乳で作ったサプリメント「ラクティス」(8925円)を販売している。

 免疫細胞の「Th1」と「Th2」。この2種類の免疫細胞のバランスが崩れると、花粉症をはじめとするアレルギーを引き起こすとされている。

 症状を和らげるには免疫バランスを改善する必要がある。ラクティスの主成分の乳酸菌生成エキスには免疫バランスを整える効果があるという。

|

« オートファジーによる細胞の自食作用バランスが重要 - がん化防止解明へ前進 | トップページ | [ADHD児の治療]親と医者で認識に差 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179444/28553876

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症にはわさび:

« オートファジーによる細胞の自食作用バランスが重要 - がん化防止解明へ前進 | トップページ | [ADHD児の治療]親と医者で認識に差 »