« 2009年6月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年8月

新型インフルエンザ 感染者の85%は20歳代以下

秋にかけてまた新型インフルエンザ(H1N1)が流行り始めたが、その感染者のほとんどは29歳以下という事がわかった。

これは春先と同じ傾向と言える。やはり高齢者は新型インフルエンザに対して何らかの抗体を持っていると考えられる。

しかし春先は感染者を一人発見しただけで日本中が大騒ぎしたのが単純なインフルエンザ感染者が1万8438人もいるのにあまり話題にならないのがとても不思議。

Yahoo!ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000001-cbn-soci

 国立感染症研究所感染症情報センターによると、今年第28週(7月6-12日)から第33週(8月10-16日)の間に、全国の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者の1万8438人のうち約85%に当たる1万5768人が20歳代以下だった。現在、国内で検出されているインフルエンザウイルスのほとんどが新型であるため、患者の大半が新型に感染していると考えられる。

【詳しいグラフ入りの記事】

 同センターの調べでは、患者の年代別の割合は0-4歳10.6%、5-9歳20.3%、10-14歳21.0%、15-19歳17.9%、20-29歳15.7%だった=グラフ=。
 同センターでは、10歳未満の患者が多い季節性インフルエンザと違い、今回の新型では「10歳代の人が多い」と分析。特に5-19歳が患者発生の中心とみている。今後はほかの年代にも感染が広がる可能性があるため、警戒を呼び掛けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年10月 »