« 2009年8月 | トップページ | 2010年3月 »

2009年10月

インフルエンザ流行本格化 北海道、昨冬のピーク超える

新型インフルエンザの問題もあり、一部地域ではまだ秋序盤のこの時期(10月18日)に、インフルエンザ患者が昨冬のピークを超えている事が分かった。

1週間の推計患者数は約83万人といい、概ね150人に一人が感染している事になる。

Yahoo!ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091023-00000075-jij-soci

 今月12日から18日までに全国約5000カ所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1カ所当たり17.65人となり、大都市圏などで流行が本格化していることが23日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。都道府県別で最多の北海道は57.93人となり、昨冬の流行のピークを大きく上回った。1週間の推計患者数は約83万人。
 感染研によると、鳥取を除く46都道府県で報告が増加。大都市圏や北海道、秋田、沖縄で本格的な流行となり、12都道府県の82カ所の保健所地域で警報レベルを超えた。
 北海道に次いで愛知(31.78)、福岡(29.08)、神奈川(25.19)、大阪(23.25)、埼玉(22.97)、東京(22.20)、兵庫(22.09)、沖縄(22.05)、秋田(19.29)の順に多い。
 検出されるウイルスはほとんどが新型の状況が続いている。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年3月 »